マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

重信 幸彦
重信 幸彦
しげのぶゆきひこ
民俗学者 (國學院大學・東京理科大学 等非常勤講師)
1959年東京生まれ 民俗学・口承文芸学・近代都市生活文化研究。慶應義塾大文学部卒業・筑波大学大学院博士課程歴史人類学研究科単位取得退学 【単著】『タクシー/モダン東京民俗誌』(日本エディタースクール出版 1999)、『<お話>と家庭の近代』(久山社 2003)、【共編著】『タクシードライバーの言い分』(坂口順一と共著JICC出版局 1990)、『たったひとりのメディアが走った』(坂口順一と共著 現代書館 2004)、『市民の日本語へ 対話のためのコミュニケーションモデルを作る』(松本功・村田和代・深尾昌峰・三上直之と共著、ひつじ書房 2015)、『民俗表象の現在博物館型研究統合の視座から』(小池淳一と共編、岩田書院 2015) 等
このエントリーをはてなブックマークに追加