マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

崔 南龍
崔 南龍
ちぇなむよん
作家
1931年、神戸市生まれ。在日韓国人二世。通称名、南龍一(みなみ・りゅういち)。幼時に植民地下の朝鮮へ渡って父の実家で暮らすが一家は離散、父に続いて日本に戻る。1941年ハンセン病を発病し、父が自死したあと岡山県長島の国立療養所邑久(おく)光明園に入所。園内の創作会「島陰クラブ」に入って1948年の短編「黴(かび)」から執筆活動を開始。1957年ごろから作家・木島始の指導を受け、園外でも「黒いみの虫」が『文芸首都』で佳作として紹介される。1959年の国民年金法による障害福祉年金から除外された在日韓国・朝鮮人への年金支給要求運動のなかで、在日療友とともに生活記録集『孤島』をガリ版で発行。ハンセン病患者が隔離法廷で死刑となった「菊池事件」への再審請求や、在日外国人の指紋押なつ問題で独自の立場をつらぬき、ハンセン病胎児標本問題をめぐる運動にも影響を与える。2006年、「大和高田から天安へ──恨(ハン)百年」が第32回部落解放文学賞・記録文学部門(選者・鎌田慧)で佳作を受賞。2013年に視力を失うが、今も光明園にあって、かつてのハンセン病療養所の情景を口述筆記で記録する。(みすず書房HPより)
崔 南龍 氏の関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加