マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 人物
  3. 行の人物
  4. アーネスト・ヘミングウェイ
アーネスト・ヘミングウェイ
アーネスト・ヘミングウェイ
作家
(1899-1961)シカゴ近郊生れ。1918年第1次大戦に赤十字要員として従軍、負傷する。1921年より1928年までパリに住み、『われらの時代』『日はまた昇る』『男だけの世界』などを刊行。その後『武器よさらば』、短編「キリマンジャロの雪」などを発表。スペイン内戦、第2次大戦にも従軍記者として参加。1952年『老人と海』を発表、ピューリッツア賞を受賞。1954年、ノーベル文学賞を受賞。1961年、猟銃で自裁。(新潮社HPより)
アーネスト・ヘミングウェイ 氏の著書・関連書籍
アーネスト・ヘミングウェイ 氏の関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加