マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

前田 朗
前田 朗
まえだあきら
東京造形大学教授
東京造形大学教授。刑事人権論、戦争犯罪論。
著書に『ヘイト・スピーチと地方自治体 共犯にならないために』、『ヘイト・スピーチ法 研究原論 ヘイト・スピーチを受けない権利』(三一書房)、『メディアと市民 責任なき表現の自由が社会を破壊する』(彩流社)、『戦争犯罪論』、『ジェノサイド論』、『人道に対する罪』(以上青木書店)、『非国民がやってきた!』、『パロディのパロディ 井上ひさし再入門』(以上耕文社)、『増補新版ヘイト・クライム』、『ヘイト・スピーチ法研究序説』(以上三一書房)、『旅する平和学』(彩流社)、共著に
『福島原発集団訴訟の判決を巡って 民衆の視座から読書人ブックレット』(読書人)、『ヘイトスピーチは止められる  社会運動 No.432』(ほんの木)『脱原発の哲学』は語る 読書人eBOOKS』(佐藤嘉幸、田口卓臣、村田弘との共著)、『思想はいま なにを語るべきか』『ヘイト・クライムと植民地主義 反差別と自己決定権のために』(共に、三一書房)、『語られる佐藤忠良 彫刻・デザイン・美術教育 桑沢文庫』(アイノア)、『思想の廃墟から 歴史への責任、権力への対峙のために』『東アジアに平和の海を』、『「慰安婦」問題・日韓「合意」を考える』(以上、彩流社)、訳書にラディカ・クマラスワミ
『女性に対する暴力』(明石書店)、メロディ・チャビス『ミーナ――立ちあがるアフガニスタン女性』(耕文社)など。
このエントリーをはてなブックマークに追加