マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

立花 英裕
立花 英裕
たちばな・ひでひろ
仏文学者
早稲田大学教授。
著訳書に
『エロシマ』(ダニー・ラフェリエール 著、
立花英裕 訳、藤原書店、2018年)、
『ハイチ女へのハレルヤ  フィクションの楽しみ』
(ルネ・ドゥペストル 著、立花英裕、後藤美和子、
中野茂 訳、水声社、2018年)、
『吾輩は日本作家である』(ダニー・ラフェリエール 著、
立花英裕 訳、藤原書店、2014年)、
『国家貴族  エリート教育と支配階級の再生産  1・2
 ブルデュー・ライブラリー』(ピエール・ブルデュー 著、
立花英裕 訳、藤原書店、2012年)、
『ニグロとして生きる  サピエンティア』
(エメ・セゼール 著、立花英裕、中村隆之 訳、
フランソワーズ・ヴェルジェス、法政大学出版局、2011年)、
『ハイチ震災日記 私のまわりのすべてが揺れる』
(ダニー・ラフェリエール 著、立花英裕 訳、
藤原書店、2011年)、
『ケベックの生成と「新世界」
 「ネイション」と「アイデンティティ」をめぐる比較史』
(ジェラール ブシャール 著、竹中豊 監修、
丹羽卓、立花英裕、柴田道子、北原ルミ、古地順一郎 訳、
彩流社、2007年)などがある。
このエントリーをはてなブックマークに追加