マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 人物
  3. 行の人物
  4. フランツ・F・ノイマン
フランツ・F・ノイマン
フランツ・F・ノイマン
ドイツ・アメリカの政治学者。
Franz Leopold Neumann
1900-1954。カトヴィツェ(当時ドイツ領、現在ポーランド)生まれ。ドイツ時代には労働法理論家として活躍。
1933年にロンドンに逃れ、カール・マンハイムやハロルド・ラスキと共にロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで研究。1936年、ラスキの推薦で社会研究所との交流が始まり、イギリスにおける社会研究所の利益と普及を促進した。その後アメリカに移住。1942年に『ビヒモス――ナチズムの構造と実際』(邦訳みすず書房、1963)を刊行した。
このエントリーをはてなブックマークに追加