実利に基づく平和思想を唱えた人

『石橋湛山の経済政策思想』(日本評論社)刊行を機に

対談=原田泰×和田みき子

PART1

 石橋湛山(1884~1973)は戦前、ジャーナリスト、エコノミストとして活躍し、東洋経済新報社の経営者としても手腕を奮い、戦後は政治家として蔵相、通産相、首相を務めた人物である。ここまでが教科書的な紹介になるだろう。あるいは戦前~戦後期の歴史に関心がある人ならば、石橋が唱えた「小日本主義」にも聞き覚えがあるかもしれない。

 では石橋湛山はどのような経済政策を論じ、どのような意味を持っていたのか。当時のデータや多くの文献から丹念に紐解いた『石橋湛山の経済政策思想 経済分析の帰結としての自由主義、民主主義、平和主義』(日本評論社刊)が刊行された。

 昭和恐慌の正しい理解と対処法とは。戦後インフレの原因は石橋の責任だったのか。本書著者で名古屋商科大学ビジネススクール教授、前日本銀行政策委員会審議委員の原田泰氏と明治学院大学社会学部付属研究所研究員の和田みき子氏に対談いただき、今日の石橋湛山理解を巡る諸問題などを話し合ってもらった。また昨年発表された両氏による論文「コロナ感染症と石橋湛山の医療体制論」(『自由思想』157号)に関連する話題も本対談後半部に掲載した。(編集部)

※本対談は前半部を「読書人WEB」で無料公開し、後半部は有料記事として読書人オンライショップでお買い求めいただけます。



理解が広がらない石橋湛山の業績と思想

 原田 私の石橋湛山に対する理解は、戦前の金本位制への旧平価、つまり為替を切り上げての復帰に反対していたエコノミストであり、また戦後、非常に短期間ながら総理大臣も務めた人物である、と。当初はそれぐらいの理解でした。ところが石橋の昭和恐慌、あるいは世界大恐慌と金本位制とに対する認識が、同時代のケインズや後年のミルトン・フリードマンをも上回る非常に鋭い理解だったことに気が付きました。

 金本位制をめぐる議論について日本国内の一般的な理解ということでわかりやすい例を挙げると城山三郎が書いた『男子の本懐』(新潮文庫)になるでしょう。この本の中で金本位制復帰を実現した浜口雄幸首相と井上準之助蔵相を高く評価していますよね。しかし現実には金本位制に復帰したために日本はデフレに陥り昭和恐慌になったので、とんでもない間違いです。そして未だにこの城山史観に引っ張られているのが国内の左派ではないでしょうか。日本の左派の人たちはなぜか緊縮が好きですね(笑)。世界的には左派の側が財政金融政策を拡大すべきだ、と主張しているにも関わらず。ようやく最近になって、ブレイディみかこ、松尾匡、北田暁大著『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう』(亜紀書房)が刊行されて、左派の緊縮的な経済理解に対して反論を投げかけました。そういった議論が交わされる機会も増えてきましたが、まだ十分に理解が進んでいるとはいえません。

 金本位制理解以外にも石橋湛山には優れた業績や分析がたくさんありますが、それらが今日ほとんど理解されていないのは残念だという思いが、本書を書き始めたという経緯です。

 和田 私は猪間驥一という経済学者の研究をしていますが、猪間についていろいろ調べているうちに石橋湛山と密接に関わりがあったことがわかり、石橋湛山にも興味を持つようになりました。

 猪間は東大経済学部の第1期生で、物価指数方程式についての論文などを書き、講師として教鞭をとっていましたが、マルクス主義者たちによって東大から追放されてしまいます。その猪間を迎えたのが石橋湛山でした。猪間自身、以前から石橋のことは知っていたと思いますが、追放以後、急激に石橋の思想に影響を受けながら、石橋を支えていくことになります。戦後間もなく、石橋蔵相期の大蔵省内に在外財産調査会が秘密裏に設置され、その報告書を執筆することになった猪間は、日本及び日本人の在外財産が正常な経済活動の成果であることを示すためには、日本の歴史を記す必要があると考えます。そこで書き上げたのが『日本人の海外活動に関する歴史的調査』(以下『海外活動』)でした。そこには、石橋の経済思想が色濃く反映され、日本を良い方向に導いたのが石橋の言論活動であったことが示唆されています。ただ、その報告書はマルクス主義者の大内兵衛の手によって日の目を見る機会は失われてしまいました。

 原田 先程私が述べた石橋湛山の昭和恐慌、世界大恐慌理解を論じたのが本書の第1章です。金本位制から離脱したことによって戦前の日本経済は力強く回復しました。石橋は経済の悪化理由だけでなく好転させるための分析を行い、結果も出したので政策分析としても政策提言としても完璧だった、というわけです。

 つづく第2章はなぜ石橋の完璧な昭和恐慌理解が歴史から葬られたのか、を論じています。それは『男子の本懐』の大ヒットも要因の1つでしょうし、和田さんのお話にあったマルクス主義者たちによる部分もあるでしょう。石橋湛山は昭和恐慌、世界大恐慌の原因を経済政策の失敗によるものと分析しているわけですが、恐慌の原因を資本主義の構造的欠陥に見出すマルクス主義的理解では石橋の説を受け入れることはできないんです。そういった理解が世間一般に広がっていることも理由として考えられます。さらに、日本の経済学者のケインズ理解の歪みにも原因があることを論じたのが第3章です。石橋の昭和恐慌、世界大恐慌理解は金融政策に重点を置いています。ところが日本のケインジアンはなぜか金融政策を否定的に捉えています。それが現在もつづくケインズ理解の歪みにつながっていて、だから石橋理解もなかなか深まらないのでしょう。石橋理解が進まないことと関連して、なぜ彼の業績が低く評価されたか原因を探ったのが第4章です。石橋はインフレーショニストのレッテルを貼られ、戦後のインフレを引き起こした張本人であるかのようにいわれています。確かに彼が蔵相を務めた1年はインフレでしたが、終戦直後、極端に供給が減少し経済活動の自由が制限されている状況の中で起きたインフレを彼だけのせいにするのはいかがなものか、とを論じました。そもそも、戦前の38年ごろから49年までずっとインフレでした。

 第5章では以上の議論を踏まえて現在行われている金融政策を石橋湛山ならどう考えるか、を検証しました。昭和恐慌下にデフレ克服のための有益な提言をした石橋なら当然現在の金融政策に対しても高い評価を与えるだろう、ということを彼の全集に記されている様々な発言から紐解いています。

 石橋湛山の思想の根幹には人間と資本を十分に用いる、つまり両者が一生懸命働いていることが大事だ、という哲学があり、失業や不景気は悪だということを繰り返し強調していますので、そもそも緊縮的発想が嫌いなんですね(笑)。石橋の分析は学問的なテクニカル面でも非常に優れていますが、人間と資本がよく働くことに善を見出している、その理念が何よりも素晴らしいと思います。石橋の理念こそが後の高度成長の思想に結びついていたといえるのです。