異論・反論 イスラームを巡る10の書簡

インタビュー=飯山陽/中田考
『イスラームの論理と倫理』(晶文社)刊行を機に

中田考インタビュー


「わからないことがわかる」ように

 ――第三者の目から見ても関係が良好とはいえない相手とのお仕事だったかと思いますが、引き受けられた動機を教えて下さい。

 中田 本書が出る前に『俺の妹がカリフなわけがない!』という本を同じく晶文社から刊行していただいたのですが、宿願だったラノベ作家になるという夢を叶えていただいたので、編集担当の安藤さんには頭があがらないんですね。だから依頼された仕事はなんでも引き受けますよと。(笑)

 そもそも『俺の妹がカリフなわけがない!』を書いたのも読者層を広げたいという目的からでした。本書に関しても、私よりも飯山さんの方がずっと読者層は広そうですから、より多くの人に読んでもらえることはそれなりにいいことなので。

 これは内輪の話なんですけれども、私と飯山さんの出身である東京大学イスラム学研究室へ進学する人がどんどん減ってきていて、来年度は修士も学部も進学者が1人もいないのではないか、という恐ろしい話も出てきています。このままではイスラム学研究室は消滅してしまう、そんな危機を迎えているんですよ。それはさすがにまずいので出来るだけ多くの人に読んでいただき、興味を持ってもらって、イスラム学研究室への進学者が1人でも2人でも増えてくれることに役に立ちたい、という願いもあります。学問に限らずどんなものでも、まず裾野が広がらないことにはレベルが上がっていきませんから、何をおいても裾野を広げることが重要なんですね。だからどんな人間であっても売れっ子が出てくれることはいいことだと思っています。「悪名は無名に勝る」とも言いますしね。

 ――WEB連載を経ての出版は珍しいケースだったと思いますが、実際やってみての手応えはいかがですか?

 中田 本を読んでいただければわかることなんですが、全体的に私の担当分のほうがだいぶ長いんですよ。実はこれでも元の文からずいぶん削りました。WEB媒体の「晶文社スクラップブック」連載時の文章から3分の1ぐらい削りましたかね。本と違ってWEB媒体ならいくらでも書けるから、かなりの文字数になってしまった(笑)。

 そもそも私はイスラームも、ムスリム社会のことも日本人にはわからないという立場なので、たくさん書いたところでイスラームの理解が進む、と思っているわけではなく、むしろ書けば書くほど「わからないことがわかる」ようになるだけなんですけれど、ともあれ、いずれ削らなければならないこともわかっていながらもたくさん書いたわけです。

 WEB媒体だからこそたくさん書けたことに加え、文体的にもくだけた感じで書けました。これは普段の学術論文では書きにくいことが書けた、ということを意味します。こういった文体は私の本の中では珍しくて、実際、学術論文では書けないことっていっぱいあるんですね。こういうくだけた文体で書かれているからこそ、これまで以上に「わからないことわかる」ようになり、他の本では伝えられなかったことが伝えられたように思います。<つづく>



★なかた・こう=イスラーム法学者。灘中学校、灘高等学校卒業。早稲田大学政治経済学部中退。東京大学文学部卒業。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。カイロ大学大学院文学部哲学科博士課程修了(Ph.D)。山口大学助教授、同志社大学教授を経てイブン・ハルドゥーン(在トルコ)大学客員教授。1983年にイスラーム入信、ムスリム名ハサン。著書に『イスラーム法とは何か?』(作品社)、『カリフ制再興』(書肆心水)、『イスラーム 生と死と聖戦』(集英社新書)、『みんなちがって、みんなダメ』(KKベストセラーズ)、『イスラーム国訪問記』(現代政治経済研究社)、『13歳からの世界征服』『70歳からの世界征服』(百万年書房)、『俺の妹がカリフなわけがない!』(晶文社)、『ハサン中田考のマンガでわかるイスラーム入門』(サイゾー)など。1960年生まれ。