加速する世界の中で、本を読む

対談 山本貴光×吉川浩満

編集室から

 本を読むには、時間がかかる。これは紛れもない事実で、世の中で囁かれる速読術なるもの(私は存在しないと思っている)が通用しない本は、どうしたって時間をかけて読むしかない。手軽な娯楽が溢れる現在には合わない時間の使い方と思う人も、いるだろう。そういう人こそ本書を、この対談を読み、考えてほしい。なぜ、本を読むべきなのか。何のために、人は本を読んできたのか。その答えを探すには、〈賢者たち〉の力が必要不可欠である。(N)