歴メシ! 世界の歴史料理をおいしく食べる
著 者:遠藤雅司
出版社:柏書房
ISBN13:978-4760148783

歴メシ!

図書館員のおすすめ本(日本図書館協会)

笠川昭治 / 神奈川県立茅ケ崎高等学校図書館
週刊読書人2020年6月19日号(3344号)


 「歴メシ」とは,歴史的な文献から再現した料理のことで,著者が主催するプロジェクト「音食紀行」で参加者に振る舞われたものだ。実際に歴史上の人物が食した料理を食べることで,普段は縁遠い偉人たちを身近に感じることができるという。この本は,より多くの人にこの面白さを感じてほしいと執筆された。
 収録された料理は,原則として現存する歴史的資料を基に作られている。食べてみておいしければレシピをそのまま掲載し,現代人の味覚に合わなければ,当時の食材や調理法を生かした上でアレンジを加え,入手困難や高価な食材は類似したもので代用する。八つの時代で各5品ずつ,40品もの料理が再現されている。
 本編は,料理のコンセプトとその特徴を解説したMENUが扉としてあり,続いて料理のレシピが写真とともにわかりやすく収録されている。レシピに時折つけられた「point」は,よりおいしく食べるためのアドバイスだ。
 レシピに続くエッセイには,簡単な時代背景とその地域の食文化や当時の人々の生活が紹介されている。そして料理を再現するための文献紹介とレシピ部分の抜粋の解説。このレシピに沿って文献通りに調理して,食べた感想。見たこともない調理方法や意外な食材の組み合わせなど,面白い発見もある。また残念ながら現代人の味覚に合わない場合は,食材を加えたり味付けをアレンジしておいしく食べられるレシピを作っていく。この文献からレシピを作っていく過程がとても楽しい。
 「歴メシ」を作りながら,体験的に歴史を学んでみてはいかがだろう。さぁ,召し上がれ。